Entries

父は文学者、、




先日、実家の父の部屋の整理をしていたら、天袋から三島由紀夫と太宰治の古い本がたくさん出て来た..

そういえば、父は『僕は詩人になる!!」と言って、高校を中退、家を飛び出し上京し、太宰や中原中也、そしてクラシック音楽をこよなく愛した文学青年。

父の部屋の本棚には三島、太宰の他、安部公房、今官一(どうやらこの方に父は認めらたらしい)等、、なんか○○全集とか難そうな本がいっぱい並んでいて、それらは引越のときに全部持って来たのに、まだ天袋に入ってるとは思わなかった。三島由紀夫の自殺を特集した週刊誌までとってあった!


天袋にしまい込んでたって事は少しは価値があるのかしら??
いやまぁ、、価値はどうでも、、好きな人とかいるよね、きっと。
段ボール5箱分くらいあるよぉ。。
こういうのはブックオフより、神田の古本屋のほうがいいよねぇ。。。




で、、、それらの古い本とまざって、手紙の束が出て来たんだ。。。

その中に、若かりし父が母に宛てたラブレターが何通か出て来た。

わわわ、、、、、

自分の両親の事だから、、なんだかちょっと恥ずかしいような複雑な気持ちではあるけど、、
パパ、、、ママの事愛してたんだなぁ~~~、、、、ってちょっと嬉しい気分になった


だって、、、
私の記憶では、父と母はあまり仲良く無かったから、。。。。。
こんな時期もあったんだ~、、、、、
って、、あたりまえか、、、だから私が生まれたんだよね、、(^o^;




結婚する前か結婚した直後なのか、、、
当時父は作家を目指していたみたいで、雑誌の創刊号に自分の作品が載ったことをきっかけにこれから作家として生きて行くんだ!!という父の夢や母への愛を綴った手紙、、

でもそれだけでは生活出来ず、会社に勤めて出張続きの日々。
ほとんど家にいなかったらしく、出張先から寂しい想いをさせてすまないと母に宛てた手紙もいっぱいでてきた。。

超ロマンチストの父からの手紙を、超現実主義の母はどう感じていたのかな。。(^_^;)
母の手紙は一通も残っていなかった。

あ、、取っておいたのは母なのか、、、そうか、、、
じゃ、、、母はこの手紙を大事に取っておいたんだ、、きっと。。。よかった。。



母とそんな父の話でもできたら楽しいのだけど、もう母にはそんな甘い記憶はないだろうし、もしあったとしても、、いろんな事があって、書き消してしまっただろうから、、そっとしておこう。。。
余計な刺激を与えてまたおかしくなったら困るしね、、



いつまでも仲の良い夫婦って、なかなかいないね。
結婚って何なんだろうね。。。


「あたしゃ一人が大好きなんだ!」と言い続けた母が、結婚したときから本当はどんな思いで生活してきたんだろう。。。

ずっと一人であまりに寂しくて、、結局一人が大好きだと思う事しかできなかったんじゃないかと思うと、なんだかいたたまれなくて、、、せめて残りの人生、楽しくにぎやかにしてあげたいと思うけど、、、
認知症になってしまった今、私の思いもうまく伝わらないし、母自身の思いも私だけでなく母にすらわからないのではないかと思ってしまう。

せつないなぁ。。。。


なんて、、、なんだかいろんなことを考えてしまったんだけど、、、

とにかく、、、父と母にもラブラブの頃があったんだ~~~ってのは、、、結構嬉しいことでした
関連記事

*Comment

NoTitle 

1人で居るよりも……2人でいるほうが…淋しい…なんて!哀しい話もあり、自分でも経験した瞬間もあるような~~
でも!それでいいんじゃない?目が眩んでる時期を越して…生活に追われて……いがみ合い…時には、憎しみそれも経て……やがて 空気のような存在に変わり…
労わる気持ちも湧いて来て…男でも女でもない…血も繋がってないのに…世界で1番☆身近で、そして 1番遠い存在でもある 連れ合い☆人間だもん!一筋縄ではいかないよ。この年になっても…煩悩の狭間を、行ったり来たりf^_^;)喧嘩したり…仲直りしたり(^_-)
たま~~に 絵に書いたようなご夫婦を見かけると ひがみも加算され、「うっそ~~」と仰け反っちゃいます。よっぽどの偽善者か・無神経
だって…身体が段々と衰えて行くんだもん…気持ちも それに順応して…変化して行くのが…自然の摂理☆でしょう???
お父さんとお母さんの姿には、とても 自然な男と女の歴史☆を感じたね(^-^)/うちもそうだったもん!!
  • posted by 古賀ちゃん 
  • URL 
  • 2013.05/07 07:17分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

古賀ちゃん、、、
ふぅ~ん、、、夫婦って難しいね~、、、
色々あって、ひとめぐりして、また最後にはラブラブに戻れたらいいのに。。
でも、以前ブログに書いた叔父夫婦みたいに、最後の最後にラブラブに戻ったら伴侶が亡くなっちゃったなんてことになったら、逆に寂しくてさびしくてひとりでいきていけなくなっちゃうもんね、、、
人生って難しい~~、、、、v-405
何が幸せなんでしょうね、、、。
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2013.05/08 03:20分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/547-90872169

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper