Entries

ごみ屋敷掃除

ひさ~しぶりに認知症介護日記。。
気づけば半年くらい書いてない。。


そろそろ暖かくなってきて、虫が出てくる季節だから憂鬱

台所はヘルパーさんが週二回入れるようになってから、だいぶきれいになってきた。
最近は拒否もなく、ごみ捨てもさせてくれるようになり、腐敗物であふれかえってるということはなくなった。
ただ、ヘルパーさんが作ってくれた食事の食べ残しを冷蔵庫にいれることもなく、座卓テーブルに何日もだしっぱなしなので、これからの季節はやっぱり腐敗とハエに悩まされる。


でも他、週三日はデイサービスに行ってくれてるので、私は週一日、夕食を持って洗い物や簡単な片づけを、そしてデイでいない日、月二回程度、こっそり掃除に行って、ガラクタや洗濯物を回収する程度で済むようになった。ほんと助かる!






最近、ジャーでご飯を炊いて食べたいというので(忘れてしまうのになぁと思いつつ)、ジャーを引っ張り出して炊いているのだけど、やっぱり、炊いたまま混ぜることもなくずっとそのまま固まっているか、ちょっと食べてカピカピになってるか。。

ヘルパーさんがなるべくそれを使って食事を作ってくれてるのだけど、「勝手にジャーに触られる!」と言って、台所から枕元にジャーを大事そうに置くようになってしまった。。。
なおさら、ジャーの中にご飯が忘れ去られている状態に。。
私が、「忘れちゃうんだから」と言って、タッパーにいれて冷凍庫にいれるけど、それも気に入らないらしい。


[忘れてしまう] という事に対して、何も責めてないし、しかたないと思うからいいんだけど、
[大丈夫、忘れないから!放っておいて!] と言い張られるとほんと困る。





テレビを見てると、

忘れてしまうことが不安でいつも誰かにくっついてる人もいれば、
私が忘れるわけない!誰かのせい!  といつも怒ってる人もいる


母は後者。。。。
認めて頼ってくれれば、その方がお互い楽なのにね。



そうそう、それと、よくテレビでごみ屋敷の掃除をやってるけど、、、

認知症ごみ屋敷の人のほとんどは、片付けられて感謝してないし、片づけてもすぐ元通りに散らかすと思う。


ごみ屋敷に何日も通って住人を説得して、片づける、、、、それは正しいと思う。
まずは本人との信頼関係を築かなくてはいけないから。
それが築けて仲良くなって片づけ始めると、ともすれば本人も手伝ってくれたりして、仕舞には、
「あ~きれいになってすっきりした。ありがとう!あなたのおかげ!」
なんて言葉が聞けたりするかもしれない。

番組はそこで終わって、めでたしめでたし。。。。


でも実際はそうでなかったりする。。。。


うちの母がそうだったように、それからしばらくしてふと、、、、
「大事にしてたあれを捨てられた!。。なんてことしてくれたの!!ひどいことをされた!」
「勝手に人の家に入ってきて、勝手に捨てた!盗られた!」


そのうち、あれもない、これもない、、と本人は混乱してきて、感謝どころか被害妄想に苛まれる。
ないものを探そう、空いてしまった隙間を埋めよう、今までの住み慣れた自分の家に戻そうと、また散らかし始める。。


綺麗で落ち着く。。。。という感覚じゃないのだから、、、
散らかしてモノに囲まれて安心して生きてきたのだから、、
変えるのは難しいと思う。


かと言って、放置しておくわけにもいかないけど、、一人で暮らしてる限り、変えられないと思う。

物の代わりに、たくさんの人たちと暮らせば、散らかさなくなるかもしれないけどね、、
長く一人で暮らしてきた人だと、他人と馴染めるかどうかも大きな課題。




母の家も、何度片づけても、何日か後には「嫌がらせ??」と思うくらい、元の木阿弥だもん。
でも自分は認知症じゃないし、ひとりで十分生きていけます!と思ってるからね。




ほんと手がかかるわ~~・・・





関連記事

*Comment

NoTitle 

この間 1度 長々!投稿して……何処かに消えて行ってしもうたΣ(・□・;)
これも!哀しいかな・現実です。
私だって!限りなく…お母さんに近いとこあります。
まさか!とか、全然違う!と引かれるかも知れませんが…
先日の母の日に 娘が、台所のレンジとトースターとお釜との隙間の汚さに驚き~_~;磨いてくれたんですが…
見えなくなり…段々と気付かなくなり、気付いても 億劫になり…見ないように暮らしてた日々
すっごく!嬉しかったけど…
ちょっと!哀しくて…やはり!自尊心とかが残っていて
素直に認める邪魔をするんですね。
お母さんの気持ちが、痛い程!解り、身につまされるんだ~~~ヽ(´o`;
老いる!という現実は、思ってる以上に 重いものでした。
どの人にも多かれ少なかれ 向き合わねばならない 問題ですから!
私も含めて 周りにも❗️予備軍が列をなしてますね。どうしよう(;゜0゜)
解決策など 追いつかないという恐怖感に怯えています。
いつも!忘れてるふりをしてるだけなんだよね。
by ☆mieko koga☆
  • posted by  
  • URL 
  • 2015.05/15 10:07分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

古賀ちゃま、、、
私も最近本当に老いることが怖いと思うようになりました。
でも誰もが歳を取るのですよね。
せめて、素直でありたいですね。。。
とはいえ、認知症は病気なので、今の自分の意思が保てるかもわかりません。
今日もテレビでやってたけど、皆さん若い頃は決してそんな人ではなく普通の聞き分けのある人だったわけで、
すべては病気のせいです。
本当に怖いです。。。
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2015.05/18 00:43分 
  • [Edit]

NoTitle 

私も認知症の母を介護して10年近くなります。
URL様のご症状は、ご本人がおっしゃっていられる通り、老いによる億劫さが出ているだけであり、認知症という病気とは100%異なります。
大変失礼ながら、想像を絶する介護の苦しさを綴っていらっしゃるブログに、見ず知らずの方の漠然とした老いへの不安を訴えるのは、見当違いかと思います。
認知症を病んでいらっしゃらないURL様も、その周囲にいらっしゃる方々も、全く世界の違う、お幸せな別領域にいらっしゃると感じます。

Re: NoTitle 

おだまきさま
大変なご苦労をされている事と思います。
家の母は4年前にアルツハイマー型と診断されていますので、認知症ではあります。、、が、まだまだ軽い方だとは思います。
進んで行けば想像を超えるほど大変な事が待ち受けているのかもしれません。
ただ認知症の症状は人それぞれ、家の母も周りの人も、同じだと思う症状もあれば全く違う事もあります。
いずれにせよ、まだまだわたしなどは幸せな方だと思います。
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2015.08/22 03:55分 
  • [Edit]

NoTitle 

りか姫様。
うちの母は進行が遅いので、10年とはいえ、今もりか姫様のお母様と非常によく似た状態です。
先日、余りに疲れ果て路上で座り込んでいたところ、友人が、りか姫様のブログを紹介してくれました。このブログを読んで、とてもとても励まされました。どうもありがとうございます。
これからもよろしくお願い致します。
  • posted by おだまき 
  • URL 
  • 2015.08/22 09:44分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

おだまきさま
そうだったんですか、、10年も、、大変でしたでしょう、、、。
私もまだまだ続くのかなぁ。。。
前向きに頑張れるときと、無性に辛くなるときがありますよね。
母の面倒はみなくてはなりませんが、大事なのは自分の人生です。
どうか、ご自分を癒す時間、楽しむ時間を少しでも多くとってくださいね。
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2015.08/24 02:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/756-482fff8a

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper