Entries

カラオケ採点システムについて

最近、生徒さんから話があったので、少しコメントします。


以前も書いたけど、私はテレビの芸能人カラオケ大会みたいのが好きでないので観ないし、最近のカラオケ採点システムもよく知らないので、先日、歌のうまい友人を誘って探索に行ってみました。




LiveDAM の精密採点DXっての、やってみました。


最近のはすごいね~~!
これは初めてやったので、結構盛り上がって色々試してみたけど、私も友人も良くても悪くても90点前後で、あまり大きく動きませんでした。



音程はかなり正確に歌ってるつもりでも、どこかで減点されてるらしい。。
ずいぶん厳しいんだなぁ。。。
そのくせリズムには結構あまく、歌詞のミスとかもさほど関係ないのね


私が歌ってみたところ、、、

フレーズの初めの言葉とか、上下に動いたときの下の音とかを結構上めでとってあげないと、フラットとしてみなされてることがありました。
あと、息声や、しゃくり、こぶし等は、それと認めて加点される場合と、認めてもらえず減点される場合がありました。
(結構上手くテクニック使ったりしても、ガイドに沿わないと逆に減点されることも。。)
特に、同じ音程が続く場合、楽器テータだとただの一本線のようになっちゃうけど、歌だと言葉によって若干ニュアンスをつけるので、しゃくりやフラットな声を使ったりして、つながった一本線のお経のようには歌わないよね?

そういう細かい微妙なニュアンスは、、どういう判断なのか、、、歌いながらも、
「え?これは音程がずれたことにされるの??え?今のは加点なの??」
と、不思議に思う事がたくさんありました。


ちなみに、ニュアンスの出やすい地声をやめて、合唱団のように裏声できっちりと歌う、、という手法で歌った方が高得点が取りやすい傾向があるように思いました。


私も友人も点を上げてみようと、結構ムキになってやってみたけど、95点は超えなかったなぁ~。
自分のニュアンスとか感情とかさておき、とにかくガイドメロに忠実に歌う事なんでしょうね。





で、もう少し突き詰めてみたくて、後日、ひとりで探索に行ってみたら、LiveDAMは満室で、joysoundなら空いてるってんで、そっちに入ってみたの



それは、分析採点マスターっていうやつだったけど、

こっちはよくなかったなぁ。。。
昔やって、なんじゃこりゃ???って思ったのと似ていて、精密採点DXよりアバウトで判断基準がわからないわ。


ロングトーンはとりあえず伸ばしておけば、点を取れるけど、このフレーズでそんなに伸ばす必要があるか?っていうところが多々あるし、音や譜割等、そもそもガイドメロが結構怪しい。


ここでやってみて、あきらかに、音程、音の長さ、リズムは打ち込まれているガイドメロにどれだけ合わせているかということが得点なんだとわかりました。(もしガイドメロが間違っていたとしても、、、です)
おそらく、ニュアンスとして加点するものも、ここで弱く、ここで強く、ここはちょっとまわす(こぶし)、といった情報データに入れてあるとおりのニュアンスを求められているんでしょうね。


だから、本物(歌手オリジナル)に忠実に歌うのではなく、打ち込まれているガイドメロを徹底的によく聴いて、線グラフに集中して歌うことが大事なんです。
100点というのは、その採点システムの情報に完璧に合わせられました!!ということなんですね。



まー、これは一つのジャンルだなと思いました。
高得点を取る歌ゲーム。。
それはそれでありかと思います(#^.^#)


でも、、、

100点を取れたからといって、プロと同じ魅力のある歌が歌えているかというのは別な問題です。





ただし歌があまり上手でない人に取っては、レッスンに行かなくても、自分で見ながらめやすになるし、ガイドにもなるので利用するのは良いと思います。少なくとも歌が下手では高得点は取れないので、ゲーム感覚であろうと、高得点を狙って行けば、そこそこ上手くなると思います。
(ただ、こんなに音程に厳しいくせに、ほんとリズムにはかなりあまい。ノリが悪くても、少しずれても減点してない。不思議。。。。)


それと、上手い人でもくずれてきたり、崩しすぎていることもあるので、ちょっと見直すのに使うのも良いと思います。(私もLiveDAMの方なら戒めに使うかも、、(^o^;)
でも、上手くなったら、得点にあまり捕われないほうが良いと思います。


ある程度歌えるようになったら、人から上手!と言われる位歌えるようになったら、


どこで歌うのか
誰のために歌うのか

どう伝えたいのか、どう感じてほしいのか、、、

を考えて歌いましょう。


採点システムで高得点を目標に歌うなら、ガイドメロにそってしっかり練習して、100点とるまで頑張って歌うことだし、

自分のために歌うなら、下手でも叫んでも、気持ちよく楽しく歌えれば良いことだし、

広いホールで歌うなら、一番後ろのお客さんにも、声と気持ちが届くように歌う事だし、

側で眠る子供や恋人に歌うなら、、小さな声で優しく温かく歌う事だし、、

スナックで歌うなら、お客さんが心地よくお酒を楽しんでもらえるように歌うことかもしれない。



私も、ゲームとして、精密採点DXをやって100点めざして遊ぶ。。。。。かもしれないけど、、


歌として歌うときは、、、上手に完璧に歌えなくても、誰かが喜んでくれるように歌いたいな。。。


私の生徒さんも、そうであってほしいな。。。と思うのであります。




関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/771-43122694

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper