Entries

いよいよ来た!

待ちに待っていたグループホームの空きがでて、順番が回って来た!

とはいえ、待ちに待っていたのは私だけで、母は毛頭入る気などない。
さぁ、どうやって説得しよう。。。。。
これは結構重い仕事だ。


介護の為に仕事を減らし、母と過ごす時間を増やして、実際には自分の時間も増えたはずなのに。。
歌う気力も、ブログを書く気力もどんどんなくなり、エネルギーを取られ、このままでは私が病んでしまいそうだったから、ここはなんとかせねばならない。



でも、ホーム=ボケ老人の住処 姨捨山みたいな、絶望的なイメージしかない母に、どうやって話せばよいのだろう。


そこのグループホームは、私が色々調べた施設の中では一番雰囲気が良くて、母に合ってると思ったの。
こじんまりとしてるけど、それぞれ個室だし、自分たちでなるべく出来ることをやる(炊事洗濯買物掃除など)ので、なんでもやってもらってボケ老人扱いされたくない母にはもってこいだと思うの。
私は数年前と最近、二回見学に行ったけど、いつもスタッフさんと利用者さんの笑い声が聞こえて、お庭も広く日当りもよく長閑で綺麗、家からも近い。私が入りたいわ!って思ったくらいだもん。




さて入所するためには、必要な書類やら、検査やら、面接やら、なにより本人の説得、、色々大変よ。




まずは、最初の難関。

先週の火曜にケアマネが帰った後、それとなくかなりオブラートに包んだ形で切り出す。

「高齢者の住宅に申し込むよ。今申し込んだって、すぐ入れるわけじゃないからね。もしかしたら死ぬまで回って来ないかもしれないし、すぐに入れるかもしれないし。。とりあえず早めに申し込まないと、死んでからじゃ遅いからね、いいよね?!
でも、あなたが嫌がってるようなボケ老人だらけのホームじゃないから、むしろしっかりしてないとなかなか入れないいいところにするから、ボケないようにけがしないようにしっかりしてね。
心配しなくても、ちゃんと自分の部屋もあって、食堂もあって、自由にいられるからね。もし、順番が回って来たら、入ってみてね、なかなか入れないんだからね!」


ホームという言葉はあえて避けて話してみたので、特に抵抗することもなく「ふーん、わかったー」って感じで、
途中、「そりゃそうだ、、、だれか死ななきゃ入れないもんね、、」とか、「それ、どこなの?遠いの?」と聞いていたので、多少理解できたのかな。

ただ、 感情や返事は日替わりなので、明日はどうなるかわからない。
日替わりというか、分替わり、、、5分後には違う答えが帰ってくることもあるからね。


とりあえず、話は出来た。



第二の難関。

スタッフさんとの面接。

いきなりホームのスタッフとの面接と言うと、拒否があると困るので、ケアマネさんのお友達が会いにくるよ~という形で来てもらった。
認知症になってからの母は、知らない人と話すときはかなり構えて無口になる。
多分、変に思われないよう、ぼろが出ないように気張るんだと思う。
ホームのスタッフさんもかなり気を使われていたので、端から見ているとお見合いみたいに硬ーーい面談だったわ。。
母は相変わらず、今でもひとりで何でもやってます的な話ぶりで、あることないこと適当なことを偉そうにおっしゃってましたけど。。(; ̄O ̄)


それでも、そんなことは多分翌日には忘れてしまうだろう、、、


ところがなんと、「娘が施設を探し始めた」ってデイで言ったらしいの!
そういうことは覚えているんだね。。。
感情を動かしたようなことは、記憶に残るんだよ。今日は何曜日って話したことは、30秒後でも忘れるのに。。。。






それで今日は、いつものように一緒に昼食を食べる為に母の元に行くと、
「おいなりさん食べたよ~~。ごちそうさま~~~」とさっさとひとりすませて上機嫌。
夕べのうちに買って、一緒に食べようと冷蔵庫に入れて置いたのだが、普段はそんなことに気づかず、訳の分からないものを作って散らかして、結局食べないのに、どうしたこと?

その後、家事をすませ、鰻を買って冷蔵庫に入れ、「夕方は一緒にうな丼を食べようね」と書き置きをして、一旦家に帰り、夕方再び他の食材を持って行ったら、またしても「うなぎ頂いたよ~~~美味しかった~~~!」とさっさとひとりすませて上機嫌。
付属のたれを使わず、珍しくたれを作って。。。。
「はぁ~~~~???ひとりで作ったの?(できたの?)一緒に食べようって言ったのにー、美味しいの作ってあげるのに、なんでひとりで食べたの?」
「あ~~美味しかった。初めて食べたよ、鰻~!」(んなわけないだろ?いつも食うてるやん(~_~;;))


本能的に何かを感じ取ってるのだろうか?
ひとりで作って食べてることなんてないのに、明らかになんか変。。。



そうしたら後で、デイのスタッフさんに電話で聞いたのよ。
「娘が施設探してる」って言ってたから、「そうなの~?ひとりでちゃんと食べれるようにならないと施設にいれられちゃうよ~~!しっかり自分でやれるようでなきゃね~~!」と言って返したそうだ。

はは~~、、そういうことか。。
ひとりでできるもん!アピールだったのか。。。。

何でも忘れちゃう母でも、必死になると覚えてる、、たれも作れる!!!



余程嫌なんだろうなぁ。。



「あのね、こないだ言ってたすごくいいところが空きがあるんだって!明日観に行こうよ!」

と切り出してみたら、さーーっと顔色が変わって真っ暗になり、元気がなくなって、ベッドに入って黙ったままになってしまった。

あーいう顔を見ていると、可哀想で、、、そんなに嫌なら、このままここにいるかい?と言ってやりたくもなるが。。。
私がずっとそばにいることはできないんだよ。。。



牢獄に入れるわけでもなく、病院でもなく、姨捨山でもなく、、、


私はむしろ絶対いいと思うグループホームなんだけどなぁ。
スタッフさんはユマニチュードで賞を取った方々で、ホーム内はとても和やかなの。


私の勝手な考えかもしれないけど、長年一人暮らしだった母、ひとりが好きだと思っていたら実は寂しいんだよとまわりから指摘されて、、、
せめてこの先、賑やかに楽しく暮らしてほしいと思うのだけど、、、




はぁ~~~。。。
悪いことしてるわけじゃないのに、むしろそれが母にとっても私にとっても最良と思うのに。。

なんか胸が苦しい。。


明日は第三の難関、、、ホームの見学です。。。


関連記事

*Comment

NoTitle 

りかちゃん 本当にご苦労様です。
虚しい戦いに思えるでしょうけど……
それは 知らぬ間にりかちゃんの肥やしになっているんだよ。
それでしか!学べない事もあるんだなぁ~~~
私も 段々と老いて来て……症状もボチボチ……
お母さんの事も 他人事ではなくなって来たなぁ~~
何にも出来なくなって来たというのに……
最後まで残り続けるのが!!!!自尊心だけ!と言っても過言ではないほど!!!!
自尊心!
厄介なんです。自分でも持て余すけど……
捨てられない自尊心!ってなんぼのもんやい‼︎⁈
きっと!老いは、自尊心との戦いやな!
捨てられたり、隠したり出来る人がいたら、
その人の勝ちやね。
それが老後の知恵かも知れんね。
無論!私には出来そうもなく!もがき苦しむ老後やと思うわ。
きっと!娘達が かっての私のように……りかちゃんのように 苦労するなぁー
今から 少しでも 馬鹿になれたら いいのだけどね😍
大丈夫!!!!
りかちゃんには、後方支援隊 介護組がついてる!!!!
一人ぼっちじゃないんだよ。

  • posted by  
  • URL 
  • 2016.12/20 07:04分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

古賀ちゃん?ありがとう。。。

そう、本当に老いて色々失っても、自尊心だけは育っていくような気がします。
そして、人の話を聞くより、自分のことを喋る方が多くなってきます。
だんだん聞く耳を持たなくなり、理屈もわからなくなり、色々なことが出来なくなり、感情だけの幼児と同じようになるのに、
自尊心だけは残っているんです、すごいですよね。。

これは介護を通して経験した大きな教訓でした。
私も母を見ていて、自分もそうだなと反省することがたくさんあり、
これから歳を取っていくうちに、、認知症はしかたないけど、こんな風にならないようにいたいなと、切に思います。

いつも支えてくれて、ありがとうございます、助かってます(#^.^#)
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2016.12/21 00:31分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/859-fe31e2a0

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper