Entries

認知症の親をグループホームに入れる決意

なーんていうタイトルにして、自分の心の整理をしようと思いました。
長いから、、興味の無い人は観なくていいよー。
でもいつか、同じ思いで苦しむこともあるかもしれないから、、そんな人は一読してみてね。





年末に母を「リハビリ病院に入院だよ。」と騙して、グループホームに入れてほぼ3週間。
介護サービスが休みになる年末に入所できれば、私がお正月介護に縛られなくて済むことと、そういうイベント時に、盛り上がってるうちに馴染めるのではないかという目算があった。

でも、思ったほど母は馴染んでくれず、私も良心の呵責に苦しみ、暗く重い気持ちの正月になってしまった。
入れない方が余程平和な気持ちで過ごせただろうと思うほど、毎日思い返してはやるせない、申し訳ない気持ちに苛まれ、布団に入っても眠れない日々が続いた。




あれからホームのスタッフによると、未だにほとんど居室で一人で過ごし、お手伝いと食事時に出てくるくらいで、「いつ帰れるの?」と聞く日もあれば聞かない日もあり、気持ちに波がある様子。




もし私と母との二人暮らしなら、はっきり限界!と言えるし、徘徊や下の世話なども入って来たら、もう無理!と割り切れるのだけど、そこまでひどくないところが苦しいところ。

そんなに辛いなら、やっぱり連れ戻そうか?
なんか申し訳なくて、可哀想で、、、、
あんなに悲しませるくらいなら、もう少し、、私、頑張れるよね。。。。
日々、問いかける。。。






認知症が発覚して、実家から家の近所に引越させたばかりの頃(2011年)は、
ゴミ屋敷、暴言、ヒステリー、物取られ妄想がひどい上に、サービス拒否もひどく、手に負えなかった。
その頃に比べれば、今は進んだ分おとなしくなり、私も扱いがわかってきて、さほどきつくはない、、、、はず。。


週二日フルタイムのデイサービス、週二日は半日デイサービス、そして週二日のヘルパー、、、
目一杯単位を使わせてもらい、半日デイの夕食時と、サービスが休みの日曜は私が一日行って家事全部やる。
つまり私が関わってるのは週3回。


たった週三日なのに、どうしようもなく、エネルギーを吸い取られる。
なんでなんだろう?
ほとんど休み無く働いてたときより、全然楽なはずなのに、ものすごく疲れる。
どうして??


毎日子供の世話をしてる人や介護をしてる人達のほうがもっと大変だと思うのに、、、
たかだかこれくらいのことで、生きる気力というか、何もやる気力がなくなってしまった、、
特にこの二年間。(2015年から仕事をほぼやめて、結果、介護に時間を割いていた)



やっぱり認知症の介護って、なにか絶望的な気持ちにさせる。

生きていくこととか、老いていくこととか、、、、こういうことなの??

まったく、何考えてるの?
なんで?
なんでそんなことするの????
どうしちゃったの??

自分の親が、しっかりしていた親が、壊れていくのを見ているのも、フォローしていくのもすごい心労。。


人って、こんな風になっていくの?!

記憶力だけじゃない、知性、理性、優しさ、、、、良いところがどんどん無くなって、
本能、感情、自尊心、、、、醜い部分だけが残っていく。。。

人間って、本来、醜い生物なんだ。。。

そんな気持ちが毎日襲ってくる。。。





近所に越させてすぐ、あまりの酷さに、「早く死んでほしい、すぐにでもホームに入ってほしい」と思っていたけど、いざ老人ホームを見て回ると、さすがにこんなところに入れるのは可哀想だなと思った、正直。

建物はどこも、「こんなに綺麗である必要があるの?」という位、立派で綺麗。
だけど、利用者たちはかなり認知症が進んでいる人達ばかりで、初めて見るその光景にちょっと凍り付いてしまった。
本当に、、、すごい。。。




そんな中で知ったのが、グループホームの存在。

グループホームは
すべてをやってもらうホームとは違い、介護スタッフにサポートしてもらいながらも家事全般、できることはなるべく自分たちで協力し合って生活する、認知症の共同生活の場で、寮のようなところ。

リビングとキッチンが一つ、みんなで集まるところ。風呂、トイレも共用だけど、居室は個室(または準個室)。
自由もプライベートもあり、家具なども持ち込めるので、自宅とほぼ同じように過ごせる上に、機能訓練、リハビリとして家事を手助けしてもらいながらやれるし、嫌なら任せてのんびり過ごすこともできる。
グループホームは、アットホームな少人数施設で、ある程度自立出来る人達向けなのだ。


また、母のところは1ユニット(1ユニット9人制)の小さいホームで、日中は3人のスタッフが付くので、3人の利用者に対して、一人スタッフがつく計算になる。つまりちゃんと眼が届く。
(特養などは利用者が莫大にいて、スタッフが足りないため大変らしい)

ただ、1人で着替え・食事摂取・排泄などができなくなったり、医療ケアが必要になったりすると退去しなくてはならないし、暴力や脱走など、共同生活を乱すような行動が多いと退去させられる。




グループホームは、今の母にぴったりだと思う。
一人で家事は出来ないけど、支援してもらえばやれるだろうし、家に居る時のように何もせず、一日ベッドでテレビを観ていても、食事にありつけるし、お風呂だって洗濯だって手伝ってもらえる。。。
ひとりでぼーっとしているより、賑やかにみんなでわいわいやっていた方が余程楽しいし、認知症の進行を遅らせる効果だってあるだろう。



ただ、入れてみて初めてわかったこともある。。。。


グループホームだから、みんなでお料理を作って食べて、和気あいあい楽しく寮生活!なんていうのは、健康な人間のイメージで、
実際に入っているみなさんは認知症の方々で、、思っているより進んでいる人も結構いたということ。

1ユニット9人のうち、会話のキャッチボールができるのはたった2人。母を入れて3人。
食事も普通食はその3人、残りの方々はミキサー食か流動食。。

え、、、そうなんだ。。。
よく、ホームのチラシに高齢者とスタッフが楽しそうに会話してる写真とかあるけど、いやいや、そもそも、ホームに入ってる時点で、家族に限界がきているほどの認知症の人達なんだってこと、、忘れてました。


そして、先日、ちょっとした言い合いがあったそうだ。
何かを作ってる時、母がうまくできなくて、それに対して「そうじゃないのよ!こうやるのよ!」みたいに突っ込んだ方がいて、母も負けじと「うるさいわね!!!」と応戦したそうな。。。。

認知症が重ければ、会話があまり成り立たないし、軽ければ軽いで、同じことを繰り返し言うだけならまだしも、
いつもいうように、理解する、気を使う、、といったことができないので、感情の趣くまま行動しちゃったりする。
そして、認知症の人は、注意されたり、否定されるのが一番NGなので、スタッフなら必ずいつも肯定して良い方向に促していくけど、認知症同士だと、そういう事に気を使ってうまくつきあう、、ってのが難しかったりもするわけだ。。


母ぐらいのレベルだと、(まわりはボケた人ばかりだ。私は違うのに。なんでこんな人達と一緒にされるの。。)
と、思うんだろう。そしておそらく、会話が出来る残りの二名も同じことを思っているだろう。
でも、パッと見普通に見える要介護度の軽い人達も、何かしら問題があり、家族の手に負えなくなったからここにいるんだ。。




それから、「家に帰りたい」という言動は、ホームに入るほぼ全員が共通することらしい。

そりゃあ誰だって家に帰りたい、家が一番!


ただ、その言葉を真に受けるのもちょっと待った!で、帰りたい家が、今まで住んでいた家とは限らない。
幼少の頃に住んだ家だったり、長く過ごした家だったり、どこでもなくて、ただホームから出たいという不安な気持ちからくる言葉だったり。
私のように母の言葉を素直に受け止めて、可哀想だからとホームを諦めて今までの家に帰ったとしても、
「ここじゃないのよ!私が帰りたいのはここじゃないの!○○(実家)に帰りたいの!早く帰してよ!」
と言われ兼ねないということだ。
母は多分、この5年半すごした私の近所のマンションではなく、何十年も暮らしてきた実家に帰りたいのだと思う。

グループホームに入所したとき、みんな一番愛着のある家に帰りたいと訴えるみたいだ。



でも、スタッフさんを初め、みなさん口を揃えて言う
「家に帰りたい気持ちはずっと変わらないけれど、みなさん慣れます。」


慣れるまでの間、会うたびに「帰りたい」と泣きつかれるのは非常に辛い。ほんとに連れて帰ってやりたくなる。
でも、ここで私が、もう少し頑張ろう、、、、とグループホームを諦めたとしたら、、、
多分、今度は自分の限界まで頑張ってしまうと思う。

介護鬱は知らない間に、育っていくんだと思う。
まじめに愛情を持って頑張って介護している人に。


介護殺人や介護心中を犯してしまったほとんどの人が、きっとそうなんだと思う。



もし、ここで退所を決めたら、もう二度と母を悲しませない為に、全力で介護するんだと思う。
そうして、限界になったときに、都合良くホームの空きがなければ(コストが高いところには入れないから)、
私は壊れてしまうだろう。


私が壊れたら、、、私の人生だけでなく、母も、、私の家族の人生も壊れることになる。






だからここは、ぎゅっと眼をつぶって、、、

母はきっと慣れる、慣れて笑顔で楽しく暮らしてくれる日が来る。。。

私は私の人生を歩む。私と私の家族を守る。。

それがベストだと思うしかない。



一日のうちに何度となく、母の悲しむ顔が浮かび、、いや、もうこれでいいの!と、、繰り返すけれど、、

これでいいのだ。

絶対これが一番みんなの幸せ。。

と思う努力をする。。。

そうしなければ、ホームに入れる決意はできないから。。。









関連記事

*Comment

NoTitle 

りかちゃん
子供は、親を踏み台にして
エネルギーも何もかも ガムシャラに吸い取って
育って行くもんなんだから!!!!
子供が 親の犠牲になって潰れてしまったら、
親にとって こんなに哀しい事はないはず!
子供はもう少し‼︎冷酷で ドライでいいんだよ。
私の幸せの邪魔なんかしないで!
私の人生を奪わないで!と 叫んで欲しい。
優等生は、もう卒業だよ。
ひとりっ子だったし、もう充分 私達から見ても
頭が下がるほど してきたよ。
切り替えなかったら、共倒れだよ!
まだまだ 闘いの日々は続き
入れたら、終わりではない!
これからも続き 次々と難題が
起こり続ける事でしょう。
本当に 悔やんだり、嘆いたりするのは
ずっと後の事でしょう。
その時は 私達仲間が りかちゃんに
よくやったで賞☆☆☆を贈り、慰労会を計画しますよ。それまでは、凹みながらも頑張ってよ。
私達は、りかちゃんの方が心配です。

  • posted by  
  • URL 
  • 2017.01/26 01:41分 
  • [Edit]

 

わたしはお母様をグループホームに入れたのは正解だと思います。一人暮らしではお母様の生命の安全性が担保できない状態になりかけていると考えられたからです。りかさんとしてはまだまだ出来たのに。。親を捨てたのか。。と思われるかもしれませんが、お母様の身の安全を第一に考えたら、万が一の事故が起きる前にホームに入ることができたのは良かったんだと思います。自分の生活を捨てて全てを一人でやることは不可能です。そんなこと長くは続きません。りかさんが壊れてしまいます。ここはいったんホームの力を借りて、未来に向けて少し力を蓄える時期としてはいかがでしょうか。
  • posted by  
  • URL 
  • 2017.01/28 01:12分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

古賀ちゃん?ありがとうございます。
私は子供がいないから親の気持ちがわからないわ。。
そして、子供がいないから、母が親で私が子供という昔のままの気持ちが変わっていないのかもしれない。
もう私だっていい歳なのに笑っちゃいますね、、

古賀ちゃんにはいつも支えてもらって、助けてもらって、本当に感謝です。
引越が終るまでまだまだ自分の時間が取れないけれど、それらが終ったらとりあえず一段落。
やっと自分の時間ができるヽ(^ー^)ノ
あと少し、、頑張るよーーーーo(^-^)o
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2017.01/28 16:16分 
  • [Edit]

Re: タイトルなし 

温かいお言葉ありがとうございます。
そう、そうなんだと、、わかっていながらも、なかなか割り切れない感情との葛藤ですが、
そうやって人に言ってもらうことで、これでいいのだと、、少し安心した気持ちになれます。
本当にそんな一言で救われます。
ホームに入れる時、私だけでなく、大概の親子が同じような思いに苦しんでおられるようです。
自分がこれを経験して乗り越えていくことで、いつか誰かの力になれたらいいなと思います。
  • posted by りか姫 
  • URL 
  • 2017.01/28 16:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/868-bb46507d

左サイドMenu

プロフィール

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・
椎名恵楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper