Entries

ホームに入れたら終わり!ではないということ

今月初にまた家族会があった。
ここのグループホームでは、二ヶ月に一度家族会があり、私は今回で二回目の参加。


そんなにたいしたことをするわけでなく、勿論強制参加でもない。
親抜きで会議室に集まり、まずホーム側からの報告や、民生委員、包括からのお知らせがあり、家族からの質問や要望に対する応答などをしたあと、親達のいるリビングに移動して、みんなで雑談しながらおやつを食べるというもの。


今回は年度始めということもあり、全家族から一言ずつコメントを求められた。

私を含め、すべての家族が言わされたわけでもなく、自然と、
「家族の相談に丁寧にのってくれるし、スタッフさん同士の連携もしっかりしている。とても良くしてもらえて母達も良い状態だと思う。ここに入れて本当によかった。」という感謝を述べた。


このグループホームは市内で一番家族会の出席率がいいそうだ。

つまり、何が言いたいかっていうと、
『ホームに入れたら安心してそれっきりにせず、家族がなるべく訪れることが大事』ってこと。


家族会に家族が常に出席するということは、自分の親だけでなく、ホームのこともちゃんと見ていますよ、という自己表示になるので、ホームも緊張感を持ってしっかりやってくれるし、介護がどれだけ大変か家族が一番わかっているので、ちゃんとやってくれていることに対して、惜しみなく感謝をすることで、スタッフさん達を労うことができる。
とても大切なことだと思う。
認知症の人は感謝しないことが多いから、(むしろ、私がやったんじゃない!頼んでない!ほっとけ!あんたのせい!と怒られる)せめて家族がいつも感謝の気持ちを伝えておくことは大事だね。




ホームに入ってからの母の様子は、最初の頃のように度々メールでホームに訪ねるのもさすがに気が引けて、最近はなにも聞いていないんだけど、穏やかな様子を見る限り、良い状態なんではないかと思う。
まぁ、パズルとか脳トレとか持って行っても全然やらず、ホームのボランティアレッスンにも参加せず、調理のお手伝い以外は布団の中でテレビを観てる毎日なので、これじゃあボケちゃうよなぁ、、、と悲しくなるけど、、。
今年度から母の担当の若いスタッフさんは、切り絵が趣味らしく、母がまた切り絵を出来るよう導いてくれるそうなので少し期待。

お風呂は毎度、拒否するらしいけど、根気負けするまで何度も誘ってなんとか入れてくれてるそうだ。

こんな可愛い編み込みしてもらってました。。。







今日は日曜日、、、、。
もう母の元に行って、洗濯、掃除、たまった洗い物、、食事の支度、、、

しなくていいんだなぁ~~~。。。


救急車や消防車のサイレンを聞いて、ドキドキしなくていいんだなぁ~~~。。。。


と思うと、それでも肩の荷が下りて、だーーーいぶ楽な気持ちになります。

関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/879-fa823df0

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper