Entries

断食合宿二日目

翌朝は6時に起きて、そのまま二階に上がり、朝のお祈りと瞑想。

とにかく寒い。
井の頭公園に本殿があるって言ってたかなぁ、、ここでは女子部屋の二階に神様が祭ってある。
玉光神社だって。
神社だからお経じゃなくて祝詞??
私たちは聞いているだけだけど、仏教と違って、お祈りの言葉が日本語だからわかりやすい。



瞑想の方は、、、自分も時々やってるんだけど、いつもどうしても眠ってしまう。
どうしたら眠らずできるのか教わろうと思っていたけど、、、
教わる間もなく、今日も眠った。。。。



お祈り瞑想が終ると、隣の棟に行って、今度は経絡体操。
ツボ押し棒みたいなものを使って、経絡に沿ってマッサージをすること1時間、そして体操。



先生はやっぱりぼそぼそしゃべるので、よくわからないし寒いし、、相変わらず床座りすると腰が痛いしで、、昨日先輩女性が、「朝のお祈りと体操は憂鬱」と言ってたのがなんとなくわかる、、。
眠いし寒いし、、ま、ウォーキングみたいに楽しいもんではないかな。。「早く終ってくれ~~~ぃ」と願う時間。。。




9時頃やっと、朝食にありつける。
朝食~~~ったって、リンゴと人参のスムージー一杯だけ。


でも、、、美味しい




今日で先輩女性はチェックアウトして帰り、新しく2名来ますと言われた。
何にもわかってないのに、今日から私が先輩女性だ、、、、



昨日のオプションはノルディックウォーキングだったけど、今日来る人たちが、もし山登りがいいと言ったら、山登りはできるかと聞かれた。。。
そんなん、、山登りってちゃんとやったことないし、どの程度のものかわからんし、良いとも嫌とも言えず、「みなさんに合わせます。もし山登りならゆっくり着いて行きます」と答えておいた。

10時20分ころには新客が来るので、用意をして待っておくよう言われ、つかの間の休憩。





ところが、新客はかなり遅れて11時頃到着。

二人来ると聞いていたので、昨日まで居た日当りの良い広い部屋を譲って、自分は暗い部屋の方に移動しておいたんだけど、若い女性一人しか入って来なかった。

「あれ?もうお一方はまだなんですか???」と聞くと、「あ、いえ、、もう一人は男性だから、別棟です」
「あ、そうなんですか、、、、お連れの方?」
「え?全然違います。私一人です。」


あー、そうなの、、、男の人が来るって珍しい。。。。。ほとんどが女性って聞いてたから。
じゃあ今日は男1人女2人なのね。




オプションは、もう時間もないからと、有無も言わさず山登りに決定。



あー、、体力のある男性が来たから、今日は山登りなんだなー。。。
なんて思いながら、軽く挨拶をして、昨日先輩女性が座っていた運転席の真後ろに私、私の後ろに男性、一番後ろに若い女性が座って、道場長のハイエースは一路山登り起点に向かって走り出した



どうやら、若い女性がうっかり快速に乗ってしまい、最寄り駅を通り越してしまったために到着がかなり遅れたらしい。
男性は関西の人かな?
明るい二人の新客の会話は楽しく入れたけれど、相変わらずの道場長のぼそぼそのお相手が全然できずに困っていたら、関西男性がこの車のミッション?「珍しいですよね~」なんて道場長に話しかけると、嬉しかったのか、それからしばらく二人で車の話をしていた。
やっぱり男同士のほうが話は盛り上がるのだな~、、会話はおまかせしちゃおう!、、、、
ってかこの男性、聞き上手喋り上手だなぁ。
振り返って見ると、以前どこかで会ったような親しみのある笑顔、、、、営業マンかな。





登山起点につくと、目の前に、まず神社に続くなが~~~~~~~~~い階段。

「まさか、これ登るんじゃ、、、、」
「これ登りますよ!」
「、、、ですよね~~~、、山登りですもんね~~~、、、」


はぁ、、、昨日のノルディックの筋肉痛と、半断食のおかげで、ちょっと気力体力ないけど、、頑張るしかないわ。
今日で最後、今日で最後!あ~~明日の今頃は~~僕は汽車の中~~だもんね。。



長い階段を登った先の小さな神社にご挨拶をしたら、そこから先は、道無き山を登って行く。





ひぇ~~、ほんとに登山なんだ~~~。。
今まで自分がやった山登りは、少なくとも道っぽいものはあったぞ。
泥濘った土に枯葉がたくさんかぶった急な斜面、、、、草や枝をかき分け登って行く。
滑ったらただじゃすまんぞぉ、、、

私と若い彼女はポールを持って登ってるけど、営業マンは「昨日は八ヶ岳に登って来た」というだけあって、ポールも持たずにニコニコしながら「危ないから僕が一番後ろに行きましょう!」と言って私の後ろに付き、楽勝で登ってくる。。。すごいなぁ。


振り返ると、急な斜面に眼がくらむので、とにかく前を向いて頑張る、、、(もー足が上がらんのよ)
時々足を滑らせ冷や汗、、、、怖っ、、、まだ死ぬ訳にゃーいかない。。




そのうち、道場長が営業マンに

「仕事は何をしてるの?」と聞いた。

(営業でしょー、、、、、)女二人。

「あ、、芸人です。」

「はぁ???芸人???」

一瞬皆止まって、後ろの営業マンを振り返ってみたけど、、、、

あー芸人さん、、、、そりゃ大変ね、、、、的な感じでまた登り始める。


「へぇ~、、なんて名前でやってるんですか?」と私が聞くと

「天津木村です。」


「え~~~~~っっっっっっ?  あ、あの、、(吟じますっ!)エロ詩吟の?」

「はい。」



あ~~あ~~、そうなの~、営業マンじゃなかったのねん。
知ってる知ってる知ってます、どこかでお会いしたような気がすると思ったら~~、、
お笑い好きの私が知らないはずないじゃありませんか~~

そうなんだー、このテンポのいい喋りや小気味良いツッコミは芸人さんだからなのかー。



最初遠慮がちだった彼のツッコミも、素性を明かしてからは、どんどん出てくるようになり、遅刻の彼女は沖縄出身と明かしてから、天然本領発揮しだし、どーでもいいことをぼそぼそ長ーく喋る道場長さんの話さえ、容赦ないツッコミのおかげで、もっと喋ってほしくなり、、、、
私の前後を飛び交う会話のおかげで、なんか空気が変わった気がした。
重い気持ちも疲労も、軽い会話で昇華していく感じだった




ほぼ登りきったところにある公園で昼食。



鳥のさえずりに心地よい風。眼下に見える海。
本当に気持ちがいい

昼食は、、、、、

今日も玄米プチおにぎりと生姜湯だけど




下りは緩やかな林道を歩く。(登ってきたとおり下りるのは無理よ、、あたし転がり落ちる)

下山中、、私もボケてるけど、私を上回る天然の彼女と、突っ込みどころ満載のピュアな道場長は、天津木村さんの格好の餌食となり、おかげで私はずーーーっと笑ってました


とにかく、場の空気を読むのが上手いし、聞き上手乗せ上手。
人間観察が好きって言ってたから、そういう関係もあるのかもしれないけど、すごく頭のいい人なんだと思う。




この日の温泉は、湯河原の上野屋という旅館の日帰り浴。(入浴料1000円)
昭和の趣きある旅館の小さな温泉。



「不倫っぽく撮って~~」なんてリクエストにも笑顔で乗ってくれた天津木村さん。






でも全然、不倫っぽくないわ~~~あはは。。





帰るとすぐにヨガ。今日のヨガの先生は明るくてわかりやすい先生だった。
質問を聞いてくれたり、ひとりひとりまわって丁寧に教えてくれた。



ヨガが終ればすぐ夕食。

いつものサラダと、今日は豆乳。



そして食後は3人でヨガの復習。。





明朝10時にチェックアウトして早く帰ろ~と決意してたけど、私も参加するなら明日のオプションは足を伸ばして、天城峠のトンネルと七滝めぐりにするという道場長の詔に、二つ返事で夕方チェックアウトに変更したりか姫でありました。






関連記事

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://rinrinlicarin.blog43.fc2.com/tb.php/884-3257bc2c

左サイドMenu

プロフィール

りか姫

Author:りか姫
国立音楽大学卒業
作曲家/ボーカル講師/歌手/女優   

≪主な作品≫
らんま1/2・機動警察パトレイバー・あぁ女神さまっ!・JR東海・白樺リゾート池の平ホテル・NTT・グリコ幼児牛乳・前橋ケイリン他(歌・コーラス)
中森明菜・藤あやこ・水森かおり
椎名恵 楽曲提供 他 
舞台、教育番組等の音楽制作

最新記事

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

右サイドメニュー

名言集


presented by 地球の名言

fluffy sleeper